「働き方改革」は手段です。
「働き方改革」を目的にしてしまう企業は、人事制度を新設し、ITツールを購入したものの利用度が低く、成果が出ません。
目的と手段をはき違えず、「企業の成長」と「社員の幸せ」の両立を目的として、実現手段としての「働き方改革」を推進している企業が成功しています。(2020年9月現在の弊社623社データより)
企業の利益を向上させ、社員の働きがいを向上させる「真の働き方改革」を実現するには、社員と経営陣が「腹落ち感」を持ち、会社と個人の成長スパイラルの仕組みを作ることが重要です。

480社以上の成功例・失敗例を熟知する弊社が
”真の働き方改革”の推進をご支援いたします。

働き方改革の成功・失敗事例(働きから改革取り組み企業データ483社)※2017/6/9時点

働き方コンサルのお問い合わせはこちら